真木 テキスタイル。 現在の展覧会|Gallery 1|伊賀|yamahon

暮らしの道具店

Maki Textile Studio: Cloth of Ganga Jun. 今回はだいたい200粒くらいの繭からずり出した糸極太の糸を経糸(タテイト)に見えないくらい細い絹糸を緯糸(ヨコイト)にして二重織りにしたHawa(ハウワ:ヒンドゥ語で風)のシリーズをgallery yamahonのスペースで展示したいと思います。 私共スタッフは、皆マスク着用、アルコール消毒をして、距離を保ってのご接客をより一層心がけてまいります。 私が知っているなかでも一番自然に近い風合い、本来の素材のもつ力強さ、美しさがそのまま糸になります。 日本では初公開です。 そして残りのメンバーは、この日の宿 西多摩郡檜原村にある兜屋旅館へ向かうのでした。 6 Shizuku 2017. 1985 ニューヨークにてフリーランス、テキスタイルデザインを手がける。

Next

真木テキスタイルスタジオの、初夏の布々

スタッフ一同心よりお待ちしております。 天井から吊るされたストールが外からの光に透けて その軽やかな質感が際立っていました。 叩き方が全然わからなかったのですが、スタッフの方に教えてもらいつつ、叩いていたら、だんだん楽しくなってきて、小寺さんと私はノリノリで叩き続けました。 さてここで! お気づきの方はいるでしょうか? 小寺さんとひろこちゃんがまだ登場していないことに。 2000 MOMAニューヨーク近代美術館Contemporay Japanese Textilesに出展。 短い時間でしたが、楽しくお話することができました! そんなステキな出会いもありつつ 真木テキスタイルスタジオを存分に楽しむことができました。 *荷物の紛失・破損に対する引受限度額は3,000円(税込)です。

Next

東京出張・その1

未来食カフェレストラン TUBU TUBU で大人気! 私も大好きな真木テキスタイルのシルクストールや洋服たち。 5 幅35. いま、あきる野にいらっしゃる真木千秋さんとはビデオ電話でもお話し頂けます。 41,800円 税込• 1990 東京・あきる野に真木テキスタイルスタジオを設ける。 まもなく私はインドのヒマラヤの麓、Ganga Maki にもどって好き勝手な織物づくりをはじめました。 その中でチーフは新作の「腰巻き」を購入していました。 「早川ユミ ずっと作り続けてきた19の生活服」 お洋服のご紹介です。 6 Organdie 2017. 朝から暗くなるまで、坩堝 るつぼ の火と向き合い、人生の全てを、ガラス制作に賭けていらした安土さんは、作家さんというより、職人さんと言った方が似合う方です。

Next

真木テキスタイルスタジオ展 ~秋冬~

5cm以内 重さ1Kg以内 支払い方法について ゆうちょ振替 ご注文品の在庫を確認後、お振り込み先のご案内をメールにてお送りいたします。 当時の出会いのお話など、この日の限定トークもお楽しみに。 29 2012. キャンセルご希望の場合は代理の方に来ていただくようお願いいたします。 ご主人の、小野哲平さんの旅茶碗はユミさんの手作り巾着入りです。 SOLD OUT• 16 Small Mufflers 2015. 私が知っているなかでも一番自然に近い風合い、本来の素材のもつ力強さ、美しさがそのまま糸になります。 辛味のソースやインドの辛くてすっぱい漬物とヨーグルトソースも 好みで取って食べれるようになっています。 12 KotiTunic 2017. 2009 北インド、デラドンにganga工房を立ち上げる。

Next

現在の展覧会|Gallery 1|伊賀|yamahon

SOLD OUT• 35cm巾の耳部分を上下に活かして作成しました。 SOLD OUT• そして気がつくと中でも素材の力を感じる糸を無意識的に手にとっていました。 また、パシミナとシルクの混紡は、光沢とやさしさが。 81年アメリカ・メイン州のヘイタック・クラフトスクールにて、 ファイバーアーティストのSheila Hicksのアシスタントをする。 5 2012. 手紡ぎで織られるシルクのストールは、肌触りがとても優しく、 着るほどに肌に馴染み、皮膚のように寄り添います。 特に小寺さんは、どうなることかと冷や冷やしました。

Next

クラフトの店 梅屋 真木テキスタイルスタジオ

) 日本とインドを行き来している超多忙な真木千秋さんが 日本にいて、こうやってて時間を取れることは滅多にありません。 分割払い、リボ払いはご利用いただけませんので、ご了承くださいませ。 また真木テキスタイルスタジオの2020年の初夏の新作、衣やストール、布、インテリアの布なども充実いたします。 ) 林の小道を抜けると 大きな古民家と、その奥に小さくて新しい木の家が建っていました。 *ポスト投函です。 17 Pants 2015. 2012 スタジオ・ムンバイのビジョイジェイン氏設計の新工房建設プロジェクト始動。

Next