神戸新聞 地域版。 尼崎版 「SDGsスマートマンション」第1号に認定「プラウド阪急塚口駅前」を発表

株式会社神戸新聞社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

脚注 [ ]. 前日21時の天気図を掲載。 - 電算写植が再びダウン。 3月27日 と地域課題の解決などに関する連携協定を締結• 在庫確認メール到着後 10 日以内に新聞代金と送料の合計額を郵便局からお振り込みください。 建物規模は、阪急神戸線では最大規模となる地上16階建ての総戸数421戸、基壇部(B1~2F)の3層は商業施設を配します。 新聞代金+兵庫県内1,000円、県外は1,000 ~1,800円 お申し込み後、翌営業日以降に在庫を確認し、電子メールで新聞+送料のお支払金額をお知らせします。

Next

神戸新聞 購読のご案内/バックナンバーご購入のお申し込み

(昭和10年) - 大阪時事新報を分離。 - で東川崎町の本社全焼 死傷者有。 (平成10年)2月11日 - 創刊100周年。 神戸新聞社はこれら二紙を買収して部数の立て直しを図ったが、なかなか統合効果が現れなかった。 また、デイリースポーツも や販売提携先の地方新聞社との連携 で無休発行をするが、カラー印刷が出来なかったり頁数の削減などで、通常の発行に復旧するまでに2か月以上を要した。 日本経済新聞社の協力も得て紙面製作に成功した。 少年Aから犯行声明が郵送された。

Next

尼崎版 「SDGsスマートマンション」第1号に認定「プラウド阪急塚口駅前」を発表

3.住、商一体、総計画戸数421戸の駅前ランドマーク 地下1階から2階まで、建物の基壇部にはショッピングフロア、その上階にレジデンスフロアを配置します。 4月1日 (東灘区)の指定管理業務を受託し、運営を開始。 (昭和6年) - 神戸新聞、、が統合され、三都合同新聞社が発足。 また、本プロジェクトでは、大阪梅田・西宮北口・神戸三宮等の周辺都心部に近く便利な街「塚口」における多世代交流、生活サービス、住民コミュニティの充実した街づくりを目指しており、様々な世代に適した間取り構成や共用部計画、多様なサービス連携を構想しています。 (兵庫県向けの新聞を神戸新聞総合印刷阪神印刷センターで受託印刷。

Next

神戸新聞

記者もその町の住民のひとりです。 (災害協定締結) デイリースポーツの販売・委託印刷などによる提携(特記がないものは販売委託のみ)• また、それらの下に天気予報を表記している。 京阪神周辺で直接受信可能)、、のチャンネルを現している。 神戸新聞社発祥地の西日本でも一時期発売されていたが、現在は東日本のみ) 提携・関連新聞 [ ]• 本来受注生産の特殊なシステムであり、わずか10日での再構築は奇跡とされる。 回顧五十年 神戸新聞ものがたり(神戸新聞社・編) 発行、83ページ。 9月30日- 連載記事「ひょうごの医療」が第29回医学記事賞の大賞受賞。 (昭和8年) - 京都日日新聞を分離。

Next

尼崎版 「SDGsスマートマンション」第1号に認定「プラウド阪急塚口駅前」を発表

(昭和63年)6月1日 - システム「六甲」運用開始。 自力印刷再開 1946 昭和21 年 新憲法発布を記念して「神戸新聞平和賞」を創設 47年5月10日、第1回授与式 1948 昭和23 年 関西初の日刊スポーツ紙「デイリースポーツ」創刊 1953 昭和28 年 紙齡2万号 1956 昭和31 年 本社を新開地から国鉄 現JR 三ノ宮駅前の神戸新聞会館に移転 1961 昭和36 年 企画広告「ガンとたたかう」が日本新聞協会の第4回新聞社広告企画賞に初入賞。 神戸本社(登記上本店) 一丁目5番7号(、〒650-8571)• (令和元年)5月 - 姫路支社を姫路本社に改組し、印刷工場と播磨製作センターを開設。 4月 - 題字下に新ロゴの社名が表記され、題字左にスペースを作り「きょうの紙面」という題の目次を表記。 創刊以来初めて50万部を超える。 社説は原則として2本載せている。

Next

神戸新聞 購読のご案内/バックナンバーご購入のお申し込み

統合版配達地域 兵庫県北部・内陸部(但馬、丹波、播磨の一部地域)と淡路島 神戸新聞の定期購読料• 2009年4月からテレビ欄の番組名を丸ゴシック体で表記(も)しそれ以外の情報は従来の明朝体表記になり、テレビ欄の番組開始時間表記はイタリック体に変更した。 - パチンコ店において携帯電話のカメラ機能で女性店員のスカート内部を撮影したとして、編集局写真部員が兵庫県迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕された。 富士通が全面協力し、日本全国の新聞社が予備機材を提供してくれたため、システムの緊急構築に成功した。 鳥取県を放送対象地域とする放送局は、とが載っていない(前者はテレビ局、後者はラジオ局)。 被災地支援態勢をとるとともに、仙台臨時支局を置く。 (平成20年) より新ロゴマーク制定(新聞の題字は変更していない)。 ・子育てや世代交流に配慮した共用部とサービスの提供。

Next